美容室ネタ

髪質改善(酸熱)トリートメントは癖毛で悩む男性にもおすすめです!

男性癖毛|酸熱トリートメント

皆さんは、どの様な髪質をしていらっしゃいますか?

私は少しだけ癖がある髪質で、湿気のある日は少し前髪などがうねる事が有ります。

梅雨から秋くらいまで湿気のある時期の癖毛ってスタイリングが上手くいかず、本当にストレスですよね。

そんな癖毛をスタイリングし易くする為には、ストレートパーマや縮毛矯正をする方法があります。

ですが、いずれもぺたんと潰れやすかったり、毛先がピンとし過ぎて、ナチュラルにはスタイリングしにくいです。
何か良い方法が欲しいですよね。

そんな方に朗報です!

それは、女性の間では既に人気の髪質改善の一つ、「酸熱トリートメント」です。

酸熱トリートメントは、ストレートパーマや縮毛矯正のように不自然な仕上がりにならず、適度に癖が残るので、とてもナチュラルにスタイリング出来る様になります。

酸熱トリートメントについて

一般的なトリートメントは、傷んで抜けてしまった髪の栄養(主にタンパク質など)を髪の中に補充し、表面をコーティングするという物ですが、酸熱トリートメントは髪の内部あるタンパク質に働きかけ、大きく髪質を変化させてくれるトリートメントです。

グリオキシル酸という成分が、傷みなどで不安定になった内部のタンパク質同士を架橋し、新たな結合を作る事で毛髪内部を安定させます。結合が増えるので、ハリやコシが出てうねりのある髪質の方などは非常にまとまりやすなります。

引用元:kapablog

酸熱トリートメントに関しては別記事、「髪質改善(酸熱)トリートメントの効果が出る髪質と出にくい髪質」で詳しく解説していますので、良かったらこちらもご覧下さい。

癖は伸びる?

厳密にいうと癖は伸びている訳では有りません髪の内部の結合を増やす事によって毛髪が安定し、ハリやコシが出ると同時に、緩い癖毛が収まってくれるのです。

猫っ毛で、柔らかい癖毛の方程、癖が収まりやすく扱いやすくなる傾向が有ります。

縮毛矯正との違い

同じ癖が収まる縮毛矯正と、どの辺が違うのかを簡単に解説していきます。

縮毛矯正

縮毛矯正は、髪のタンパク質をアイロンの熱で変性させる事によって癖を伸ばしています。
基本的にはパーマをかけた部分は半永久的にストレートのまま、癖がまた戻る事は有りません。

アイロンで伸ばすので、どうしてもペタンとボリュームが無くなったり、毛先が不自然にピンと真っ直ぐになってしまうのが特徴です。

酸熱トリートメント

酸熱トリートメントもアイロンで熱を加えますが、髪の中の水分を脱水させて結合を作る目的で使用されます。
タンパク質を変性させたりしないので、1ヶ月〜1ヶ月半程でトリートメントをやる前の状態に戻ります。

縮毛矯正の様に、不自然に癖を伸ばさないので癖を抑えつつもナチュラルな仕上がりになるのが特徴です。

実例

では、実際の施術前後の違いをみていきましょう。

やや軟毛〜普通毛|緩い癖毛のお客様

こちらのお客様は、酸熱トリートメントをする場合、最も結果が期待できる毛質パターンの方です。

男性|酸熱トリートメント例1|before
before

髪質は軟毛〜普通毛の間位、秋〜冬にかけて乾燥する季節は癖は気にならないが、梅雨〜夏の間はうねりが気になる

特にフロントの右側(向かって左部分)は湿気により、「くるん」とカールしてしまい扱い難い。

男性|酸熱トリートメント例1|after
after

酸熱トリートメントを一度施術。
仕上げのアイロン後、一度流して(完全に水に濡らして)ハンドブロー仕上げた状態です。

全体的にハリコシとツヤが出て、癖によるボリュームが落ち着き、何より、前髪の「くるん」とカールする癖が無くなりました

お客様後日談:「縮毛矯正の様に不自然にストレートにならないので、ワックスで無造作なスタイリングもしやすい。湿気のある日にも癖が出ず、キープ出来た」

剛毛|硬くて縮毛のお客様

こちらのお客様は本来、縮毛矯正の方が適していらっしゃいますが、毛先がピンとするのが嫌で、酸熱トリートメントを試して頂きました

男性|酸熱トリートメント例2|before
before

髪は多くて硬く、細く縮れた癖があり、ボリュームが出るので毛量を沢山すかざるを得ない状態です。

季節を問わずボリュームが出てしまうので、縮毛矯正もやった事あるが、不自然に真っ直ぐなるのでスタイリングがやりづらい。

男性|酸熱トリートメント例2|after

酸熱トリートメントを一度施術。
仕上げのアイロン後、一度流して(完全に水に濡らして)ハンドブロー仕上げた状態です。

全体的な癖が収まった事で、ボリュームが落ち着き、チリついてしまう毛先もだいぶ落ち着きました

これくらい癖が強く、落ち着き難い髪質でも一定の効果がある事が分かります。縮毛矯正の仕上がりが、余り好きではない方は試してみる価値は有ると思います。

まとめ

繰り返しますが、縮毛矯正はどうしても毛先がピンとしてしまうので、男性のように短いヘアスタイルだと、逆に上手くスタイリングができません。
その点、酸熱トリートメントは癖を取り過ぎないので、適度な動きを出したり、無造作に仕上げたりする事が可能です。

湿気のある季節に、癖で上手くいかず悩んでいらっしゃる方は是非試してみて下さい!

最後まで読んで頂きありがとうございました。

関連
デミ|ビオーブ・フォーメン
30代〜40代メンズエイジングケアシャンプー!デミ|ビオーブ・フォーメン

皮脂が出やすい男性は、しっかりと洗える洗浄力の強いシャンプーを好む方が多いと思います。 ですが、歳を重ねて肌質が変わってくると、その様なシャンプーだと強すぎて、頭皮の乾燥や痒みを感じたりする事も多くな ...

続きを見る

-美容室ネタ
-