美容室ネタ

髪質改善(酸熱)トリートメントの効果が出る髪質と出にくい髪質

2021年6月29日

髪質改善(酸熱)トリートメント

髪質改善と聞いて最初に思い浮かぶのは、やたらとツヤツヤした画像や動画の広告ではないでしょうか。
まだやった事ない方は「これ本当にこうなるの?」「美容室でブローやアイロンされてるから、綺麗になるんじゃないの?」と少し疑問に思っている方も多いと思います。

今回はこの髪質改善というジャンルの中の一つ、酸熱トリートメントが「実際にどんな効果があるのか」、「本当にどんな人でもツヤツヤになれるのか」を解説していきたいと思います。

酸熱トリートメントをやった事ない方は、自分の髪質や今の状態が、このトリートメントに向いているか参考になると思いますので、是非最後までご覧ください。

酸熱トリートメントとは

一般的なトリートメントは、傷んで抜けてしまった髪の栄養(主にタンパク質など)を髪の中に補充し、表面をコーティングするという物ですが、酸熱トリートメントは髪の内部あるタンパク質に働きかけ、大きく髪質を変化させてくれるトリートメントです。

グリオキシル酸という成分が、傷みなどで不安定になった内部のタンパク質同士を架橋し、新たな結合を作る事で毛髪内部を安定させます。結合が増えるので、ハリやコシが出てうねりのある髪質の方などは非常にまとまりやすくなります。

最後にアイロンで仕上げますが、これは癖を伸ばしているのでは無くて、熱による作用で結合を固定させる為です。
この必要な工程のアイロンのせいで、大袈裟な広告が出回ってしまう原因になっているんだと思います。

効果の出やすい髪質

残念ながら、酸熱トリートメントは万人に効果が感じられるトリートメントでは有りません。先ず効果の出やすい髪質から見ていきましょう。

  • 猫っ毛、細い毛質
  • 緩やかな癖毛
  • 濡れている時には然程癖が出ない
  • エイジング毛
  • ハイダメージ毛

猫っ毛|細い毛質

猫っ毛や細い髪質の方は、酸熱トリートメントを施術後に新しくできた結合によって、ハリやコシが向上するのでとても効果を感じ易いです。
普段より、髪の毛がしっかりとしたのが感じられると思います。

緩やかな癖毛

酸熱トリートメントによって結合が増えると、うねり易い不安定な髪が安定するので癖が落ち着き、非常に扱い易く変化します

濡れている時に然程癖が出ない

濡れている時には然程癖が出ず、乾いた時にうねりが出る髪質の方は、比較的効果が出やすいです。

エイジング毛

効果の出やすい方の中で、最も変化がわかりやすくおすすめな毛質タイプです。

加齢で弱ってきた髪はハリやコシがなくなり、、水分を保持し難いタンパク質の割合が増えていく為、どんどん纏まりづらくなっていきます。
酸熱トリートメントでできた結合で、ハリコシが出て安定し、非常に纏まりやすくなります。

ポイント

施術前後で特に変化がわかり易いので、感動する方も多いです♪

ハイダメージ毛

ブリーチなど負担の掛かる施術を繰り返しやっている髪は、タンパク質が減って髪の内部が非常に不安定な状態になっています。

酸熱によって新たに結合が作られて、ハリやコシが戻り、パサパサだった状態から非常に落ち着いてくれます。

効果の出にくい髪質

では、続いて効果の出にくい髪質を見ていきましょう。

  • 剛毛、硬い毛質
  • 強い癖毛
  • 濡れている時に癖が出ている
  • 健康毛(剛毛、硬い毛質)

健康毛|(剛毛、硬い毛質)

髪が多くて硬いしっかりした髪質の方は、元々タンパク質の結合もしっかりしている為、酸熱トリートメントをしても余り効果を感じれないと思います。
厳密には毛髪内で変化が起きているんですが、その効果がわかりにくく、余りやる必要性がないという事です。

強い癖毛|濡れている時に癖が出る

濡れている時に強い癖が出るタイプの方は、酸熱トリートメントの結合程度では髪が安定しないので、殆ど効果を感じる事が出来ません
ストレートパーマか縮毛矯正でしっかりと癖を伸ばす事をおすすめします。

例外に効果を感じられる場合もある

私のお客様で、髪が多く硬く癖がそれなりに強い方がいらっしゃいます。
そのお客様は、縮毛矯正だと毛先がピンと不自然になるのが嫌で、今まで普通のトリートメントで対応させて頂いていましたが、それでも広がる髪質にずっと悩んでいらっしゃいました。

普通であれば、酸熱トリートメントは適さない髪質ですが、念の為お試し頂いたら広がりが収まって梅雨時期でもとても扱いやすくなりました。

ポイント

「髪質的に向かないかな」と思っている方でも、縮毛矯正の様に不自然な仕上がりが嫌いな方は、一度試して見る事をおすすめします。

酸熱トリートメントのメリット

少し重複しますが、酸熱トリートメントをする事でのメリットを解説していきます。

  • 癖が収まる(梅雨時期などの湿気に強い)
  • ツヤが出る
  • 持ちが良い
  • 他の施術に制限が無い

癖が収まる

元々弱い癖毛や、エイジング毛の方で広がり易い方は、酸熱トリートメント後、髪が安定して癖が収まりやすくなります。

普段、癖毛の方は朝ブローをしても、雨の日で湿気が多いと、お昼頃には元の癖が出てきているのでは無いでしょうか?
驚くのは、酸熱トリートメントをしていると湿気のある日でも、朝ブローをしっかりすると一日中、保ってってくれるんです♪

私のお客様でも、縮毛矯正を辞めた方が何人もいらっしゃいます。

ポイント

普段は癖が然程強くなく、梅雨〜夏にかけてだけ気になる方は、そのシーズンだけ酸熱トリートメントをやってあげるととても楽に過ごせると思います。

ツヤが出る

酸熱トリートメントは名前の通り酸性なので、施術すると髪が収斂作用で引き締まります。
傷みで開きがちだった、キューティクルが綺麗に閉じてくれるので、簡単なブローでもしっかりとしたツヤが出てくれるのです。

持ちが良い

通常のコーティング系トリートメントは、とても持つものでせいぜい1ヶ月位かと思いますが、酸熱トリートメントは1ヶ月〜1ヶ月半くらいは効果が持続します。

他の施術に制限が無い

酸熱トリートメントは効果に限りがある為、時間が経つとトリートメントをやる前の状態に戻ります

ストレートパーマや縮毛矯正の様に半永久に効果が持続しないので、その後のパーマなどの施術に制限が出たりしません。ストレートパーマや縮毛矯正の後は通常のパーマはかかりづらいので、デジタルパーマなどのホット系パーマでかける必要があります。

酸熱トリートメントのデメリット

今度は酸熱トリートメントをやるにあたって、気をつけたいデメリット部分です。

  • 独特の臭いが残る(一週間程度)
  • カラーの色が落ちる
  • 硬くなる
  • ややコストが高い

独特の臭いが残る

何と表現したら良いかわかりませんが、独特な臭いが髪に残ります

臭うといっても、乾いている時に臭うわけではありませんが、シャワーの際に髪を最初濡らした時に感じると思います。ただ心配しなくても、臭いは一週間程度で消えて、効果だけが残ります

余程鼻が良くてちょっとした臭いでも気分が悪くなる敏感な方は、控えた方が良いかもしれません。

カラーの色が落ちる

酸化による脱色作用があるので、カラーリングの色が多少抜けます普段カラーリングをしている方は、トリートメントとカラーを同日にやるのが良いと思います。

黒髪でも、地毛が明るく脱色し易い方は、少し茶色くなる場合があるので注意が必要です。担当美容師に相談しましょう。

硬くなる

酸性による収斂作用でツヤが出る反面、どうしても硬さが出てしまいます。保湿成分が多いトリートメントなどを使い、なるべく硬さを和らげましょう。

ややコストが高い

通常のトリートメントは大体2000円~5000円なのに対して、酸熱トリートメントは8000円~10000円以上はします。
繰り返して綺麗に維持するには多少の出費は避けられません。

それでも、施術の手間と効果、持ちの観点からすると個人的には全然高く無いとも思います!

普段のお手入れ

普段のお手入れは一般的なケア(ブロー、アイロン、巻き)で問題ありませんが、最低限ブローはして下さい
生乾きだと、ツヤや持続する纏まりを実感出来ないので勿体無いです。

まとめ

いかがだったでしょうか?

広告を見ただけだと、万人に合いそうに見えますが、意外とそんな事は有りません。
効果の出にくい髪質の方が、酸熱トリートメントをやってもあまり実感できず、勿体無いと思います。

逆に効果が出やすい髪質の方は、縮毛矯正をやめれるなどメリットが高いので、一度試してみて欲しいです!

以上、参考になれば幸いです。
最後まで読んで頂き有り難うございました!

-美容室ネタ
-