美容グッズ

ブリーチで髪が傷む原因とその対策法|おすすめのシャンプーやトリートメントも紹介!

ブリーチ傷む原因

最近は若い世代の透明感あるカラーや、幅広い世代に人気のインナーカラーなど、ブリーチの需要が大変多くなっています。

ブリーチは、通常のカラーリングより色の鮮やかさを出したり、部分的に染める事によって明暗をハッキリさせたりと、デザインの幅を広げる事が出来ます。

ですが、通常のカラーリングより脱色力が強い為、どうしても髪が傷んでしまう事を避けられません。

このようにブリーチをした後に、髪が傷み過ぎて悩んでいる方もいるんではないでしょうか。

今回は、ブリーチをする際に少しでもダメージを軽減する方法と、日頃のケアに最適なシャンプー などを解説させて頂きたいと思います。

ブリーチとは

ブリーチとは、簡単に説明すると髪のメラニン色素を脱色する事を言います。

ブリーチ剤は1剤と2剤に分かれています。1剤のアルカリが髪の表面のキューティクルを開き、2剤に含まれる過酸化水素と混ざる事によって酸化し、メラニン色素を脱色します。

アジア人の濃い髪色を、欧米人の様に透明感のある色にするには、必ずこのブリーチでメラニン色素を脱色する工程が必要になります。

ブリーチとヘアカラー

前述しましたが、ブリーチは元々髪の中にあるメラニン色素を脱色する施術です。透明感のあるカラーにしたい場合、元々あるメラニン色素が邪魔になるので、予め脱色だけ行います。

ヘアカラーもブリーチと同じ様に脱色作用が有りますが、酸化染料が入っている為、髪に色味が入ります。

普通ブリーチ後にはこのヘアカラーで色味を入れますが、これをダブルカラーと呼びます。

ブリーチで髪が傷む原因

ブリーチダメージ

ブリーチのアルカリ剤が髪に付くと、髪の表面にあるキューティクルが開いた状態になります。キューティクルが開いた状態というのは、髪を覆う物が無い状態なので、中の栄養や水分が流れ出ていってしまいます。

更には、中に入った過酸化水素が髪の主成分であるタンパク質を分解して、弱らせる原因になっています。

ブリーチで髪をなるべく傷ませない方法

ブリーチは美容室で、もっとも傷みやすい施術の一つです。残念ながら全く傷ませない事は出来ません。

ですが、ダメージを軽減する方法はあるので、ここではそれを解説していきます。

リタッチをする

同じ部分にブリーチを繰り返すと綺麗な色は出しやすい反面、どんどん傷んでしまいます。超ハイトーンを希望している場合でなければ、伸びてきた部分のみ染めるリタッチをするのが良いと思います。

ブリーチを繰り返し希望の場合は、担当の方に相談しましょう。

ケアブリーチを選択する

数年前にケアブリーチという傷みにくいブリーチ剤が登場しました。

ケアブリーチには、ジカルボン酸という毛髪保護成分が入っていて、髪の芯であるフィブリルに定着し、脱色時の酸化ダメージから髪の結合を保護してくれる効果があります。

ケアブリーチで有名なファイバープレックスに関しては、切れ毛や枝毛を98%も防いでくれると言われています。

美容室にお願いする時、ケアブリーチを扱っているかを確認する事をおすすめします。

ブリーチで髪が傷んだ後のケア方法

傷みにくいブリーチ剤はありますが、ダメージをゼロには出来ません。

では、傷んでしまったらどうケアしたら良いか、ここから解説していきます。

デリケートになった髪を優しく扱う

元々キューティクルというのは、髪を保護する役割も持っています。

ブリーチをするとキューティクルが損傷するので、その後のケアに気を使わないと内部の栄養が出ていってしまい、更にダメージしていってしまいます。

  • シャンプー・トリートメント
  • タオルドライ
  • ブラッシング
  • ブロー

以上の様に髪の毛に触れるシーンでは、ブリーチをする前より優しく扱うよう心がげてください。

濡れた状態では特にデリケートなので、タオルドライ時は擦らず、優しくタオルで挟む位でOKです。

洗浄力の優しいアミノ酸系シャンプーを使う

ブリーチでダメージした髪は、とてもデリケートな状態になっているので、洗浄力の強いシャンプーを使うと更に傷めてしまう原因になります。

ブリーチ毛には洗浄力が優しく、頭皮や髪の毛とも親和性も高いアミノ酸系シャンプーがおすすめです♪

ブリーチ毛用のシャンプートリートメント

ブリーチ需要の多くなった現在、ヘアケアにもブリーチ毛用の商品が出ています。

キューティクルが損傷して、内部の栄養や水分が抜けたブリーチ毛に対して、高い保護と保湿力を兼ね備えたこのシリーズは、とてもおすすめです♪

ブロー前にはブリーチ毛用のヘアオイル

ブリーチ毛は水に濡れると髪の毛同士が引っ付いてしまい、ヘアオイルが均一に馴染みにくくなります。

その為、ブラシングやブローの時に引っかかって髪に無理な力が加わり、更にダメージしてしまう原因になってしまいます。

ブリーチ毛用のヘアオイルは、その問題を解消するように作られているので、ダメージを軽減してくれる効果を期待出来ます♪

まとめ

透明感のあるカラーは非常に綺麗で、おしゃれな方には避けては通れない物になってきていると思います。

その分、どうしても髪はダメージしてしまうので、こういった対策やケアが必要かと思います。

マメなケアを心掛けると、かなり状態は変わってきますので、よかったら是非試してみて下さい。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

-美容グッズ