美容師向け

フリーランス美容師は業務委託とシェアサロン(面貸し)どっちが良い?

美容師|業務委託かシェアサロン(面貸し)

最近は美容師も、ある程度の経験を積んだらフリーランスという働き方をする方が多くいらっしゃると思います。

ですが、フリーランスになる場合、新規やフリーのお客様を担当出来る業務委託か、自分で集客も行うシェアサロン(面貸し)かで、迷う方は多いんではないでしょうか。

今回は、経験を踏まえ、その両者の選択の目安になる様な記事を書いていきたいと思います。

この記事がおすすめの方

  • 業務委託も面貸しも経験が無い
  • 上記のどちらかしか経験が無い
  • 両者のメリット、デメリットを知りたい
  • 自分の元々の顧客数が微妙なラインでどちらが良いかわからない

私の経歴

  • 21歳〜都内激戦区を中心に小型〜大型店まで5店舗を経験
  • 通常のサロンで29歳〜34歳まで店長、業務委託サロンで37歳〜40歳までサロンワーク+マネージャー
  • 現在フリーランス(面貸し)になり1年目

フリーランスの準備をしたい方は

業務委託

業務委託の大きな特徴は、美容室側が集客をしてくれる所です。

希望の日に出勤して、集客してもらったお客様を担当し、その売上の40%〜50%を報酬として受け取るのが一般的です。

自分のお客様も連れていけますが、どちらかと言うと、そのお店で集客してもらったお客様を担当する事がメインになるかと思います。

業務委託のメリット

  • お店が集客
  • 比較的収入が安定する
  • 大筋の事はお店側が決めてくれる
  • 能力が低くても働ける

お店が集客してくれる

お店側が広告費をかけて集客をしてくれる為、元々お客様がいない方や、集客が苦手な方も安心して働くことが出来ます。

比較的収入が安定する

上記の理由により、お店に入ったばかりでも、ある程度の収入を得る事が出来ます

たまにしか出勤出来ないなど、指名のお客様が中々つきにくい場合でも、新規のお客様が多いお店であれば収入が安定します。

運営のベースが出来ている

予め、お店側が運営のベースを作っているので、細かい事は決めなくて済みます決めるのが苦手な人は働き易いと思います。

能力が低くても働ける

これはあまり良い事ではありませんが、能力があまり高くなくても働いて収入を得る事が出来ます。

理由は美容室の増えすぎで、どこの委託サロンも異常な人手不足に陥っているからです。少々能力の低いスタイリストでも雇わないと、お店が回らなくなっているのが現状です。

個人的には、しっかりお客様を満足させれる様になってからフリーランスになって欲しいと思います。

業務委託のデメリット

  • シェアサロン(面貸し)に比べ報酬が低め
  • 薬剤が決まっている
  • 施術の時間が決まっている
  • シフトが必ずしも自由ではない
  • ある程度決まり事がある
  • 人間関係を避けられない

シェアサロン(面貸し)に比べ報酬が低め

広告費をかけて集客して貰える代わりに、報酬がどうしてもシェアサロン(面貸し)に比べて低くなります

単価の低いお店では、かなりのお客様をこなさないと、満足のいく報酬が得られません。

予め薬剤が決められている

使う薬剤のメーカーやブランドが決められている事が多いため、好みの薬剤を使う事が出来ません
どうしても使いたい薬剤がある場合は、実費で用意する事が殆どです。

単価の低いお店では、比較的安価なブランドが使われている事が多いです。

施術の時間が決められている

施術の時間設定も決まっている事が多いので、苦手で時間をかけたい施術でも、無理矢理早く仕上げなければいけません。

お店や状況によってシフトが自由ではない

基本的にシフトが自由と謳っているお店でも、ある程度シフトが決まってしまいます。なぜならば、シフトが偏ると、お客様を受けれなかったり、逆に人手が余ったりして効率が悪いからです。

本当の意味での自由ではないと思っていた方が良いと思います。

ある程度ルールに従わなければならない

片付けや掃除などを皆で協力して行うので、ルールを守らないと、周りに迷惑がかかってしまいます。

人間関係を避けられない

共有の仕事(準備や片付け、掃除など)があるので、「少し苦手だな」と思う人が居ても、コミュニケーションを取らないといけません

自分のペースを保てなかったり、ストレスになる事があると思います。

業務委託がおすすめの方

まとめると、業務委託は以下の様なタイプの方がおすすめだと思います。

  • 自分のお客様が少ない、減っていくのが不安
  • 集客に自信がない
  • 単発、短時間でも稼ぎたい
  • 色々と予め決まっている方がやり易い
  • 人と協力してワイワイやる方が好き

フリーランスの準備をしたい方は

シェアサロン(面貸し)

逆にシェアサロン(面貸し)の特徴は、元々担当している自分のお客様を接客し、集客も自分で行う所です。

仕事をする日時は全て自分で設定し、売上の50%〜100%(※)が報酬になります。

(※)レンタル先のお店にある薬剤などを使う面貸しは、売上の大体50%〜75%。薬剤も全て自分で用意するシェアサロンは、売上の100%を受け取り、時間単位の利用料を支払います。

シェアサロン(面貸し)のメリット

  • 報酬が高い
  • 薬剤の自由度が高い
  • メニューの種類や施術時間の設定なども自由
  • 休む日や休憩時間も自由
  • 決まり事もほぼ無く自分次第
  • 人間関係を避けられる

報酬が高い

元々自分のお客様を担当し、集客も自分で行うので報酬が高くなります

シェアサロンなど自分で薬剤を用意する場合は、やり方によって、より高い報酬率にする事が可能です。

薬剤の自由度が高い

シェアサロンなど自分で薬剤を用意する場合は、どんな薬剤を選んでも構いません。新しい物が出れば、直ぐ取り入れたりする事も全て自由です。

お店の材料を使う面貸しも、単価の高い通常のお店であれば、高価なブランドを使える事が多いです。個人的に使いたい薬剤も交渉次第では、特別にとって貰う事も可能だと思います。

メニューの種類や施術の時間設定も自由

どんなものをメニュー化したいか、どのくらい時間をかけて施術したいか、なども全て自由に決められます。

休日や休憩も自由

休日や休憩も自由です。業務委託の様に、お店や他のスタッフに左右される事はありません

※お店に定休日がある場合は、決まってしまう日も有ります。

お店のルールや決まり事に縛られない

シェアするサロンやお店にもよりますが、基本的には自分の使った物だけ、片付けて掃除すれば、誰かに注意されたり、不満に思われる事はありません

誰かの為に作業をする、という事は殆どありません。

無理に人間関係を築く必要がない

同じサロンをシェアしたり、借りたりしている人と一緒に作業を行う事が有りません

それによって、自分の仕事に支障が出る事が無いので、無理にコミュニケーションを取る必要も有りません

シェアサロン(面貸し)のデメリット

  • 集客は自分
  • 収入が不安定になり易い
  • 全て自己責任

集客は自分で行う

集客はSNSや集客アプリなど、自分で行う必要が有ります

個人では高額な広告費をかけられる資本が無いので、SNSなどのマメさと、ITスキルが求められます。

収入が不安定

業務委託の様に、多数の新規のお客様を集客する事が難しい為、失客してしまうと、段々お客様が減っていくリスクがあります。

起こる事全てが自分の責任

お店を開業している訳では有りませんが、完全なる個人の事業になります。

全てを自分で決めれる反面、何が起こっても自分の責任になります。

シェアサロン(面貸し)がおすすめの方

まとめると、シェアサロン(面貸し)は以下の様なタイプの方がおすすめだと思います。

  • 自分で色々決められる(決めたい)
  • 集客に自信がある
  • 時間の使い方を完全に自由にしたい
  • 人とあまり関わらず純粋に自分の力でやりたい

フリーランスの準備をしたい方は

両者を選ぶ売上の目安

次のお店にもご来店頂ける、お客様の見込み売上が、60万円以上(※)なら確実にシェアサロン(面貸し)がおすすめです。

この位あれば、多少見込みより少なかったとしても、充分に生活は保てると思います。(個々の生活水準にもよります。)

後から集客を頑張るつもりであれば、40万〜50万位でもシェアサロン(面貸し)に挑戦しても良いかと思います。

40万以下の場合は業務委託で、自分の売上+新規入客で働くのが、安定した給与になると思います。

(※)シェアサロン(面貸し)の手元に残る大体の歩合60%で計算。 60万×60%=36万円 

ハイブリットなお店があれば理想的!

自分のお客様を持っている方なら、なるべく歩合の高いお店でやりたい気持ちがあると思います。ですが、業務委託のサロンの場合、自分のお客様もフリーのお客様も、歩合を統一させられる事が多いと思います。

経験上、出会った事は有りませんが、自分のお客様と新規で入らせて貰うお客様の歩合を、分けて貰える業務委託のサロンがあったらベストだと思います。

例:自分のお客様60% 新規のお客様40%

もし、そういったサロンが見つからない場合は、人手不足のサロンが多いので、交渉してみるのも良いかと思います。

なるべく歩合を多くする為、業務委託とシェアサロン(面貸し)を並行してやる方もいらっしゃいますが、個人的には非常に非効率だと思います。その場合は業務委託でお客様を増やす⇨シェアサロン(面貸し)という風に移行する方がおすすめです。

まとめ

自分のお客様の人数が微妙なラインだと、どちらが良いか、とても迷うと思います。

まとめますと、「ある程度の自由で運営とかは人任せが良い」という方は業務委託

「なんでも自分で決めたい」という方は、シェアサロン(面貸し)がおすすめです。

私が両方経験してみて思うことは、業務委託でやっていても、不満が出てきたり、もっと自由にやりたくなる時が来ます最初からシェアサロン(面貸し)で頑張るか、業務委託⇨シェアサロン(面貸し)の移行を目指すことをおすすめします。

やりたい形が決まった方はこちら

-美容師向け