経験談

寒暖差疲労は-5℃から注意が必要!私がしている対策

2018年10月8日

温度計

こんにちは、寒くなったり暑くなったり、中々安定しない日が続きますね。

近年、寒暖差が激しくて、痩せ型で冷え性の私には堪えることが多くなってきました。人の体は気温差ー5℃で不調が出ると言われています。

それを理解して備えることで体調不良を未然に防げると思うので日頃から対策しておくことをお勧めします。

寒暖差で疲労を感じて不調になる理由

人の体は体温などの体内環境を調整する機能が備わっていて、気温差が無い時はその機能にエネルギーがあまり使われません。逆に、寒暖差が激しく起こるときは体が体温を保とうとエネルギーが大量につかわれる為、だるくなり疲労感を感じる様になります

寒暖差による体調不良の種類

体の冷え、肩凝り、目眩、胃痛、下痢、頭痛、気分の落ち込み、など様々な体調不良が起き、自律神経も乱れるので風邪などをひきやすくなります。

寒暖差疲労を起こしやすい人の特徴

こんな方は注意

  • 暑いのも、寒いのも苦手
  • エアコンが嫌い
  • 周りと比べて、自分だけが寒いと感じる
  • 熱中症になったことがある
  • 季節の変わり目によく体調を崩す
  • 代謝が悪い
  • 冷え性

上の項目に4つ以上当てはまる方は、寒暖差疲労を起こしやすい体質なので注意し、なるべくそうならない行動を心がけましょう。

冷え性で寒暖差に弱い私が心がけている事

痩せ型で冷え性の為、寒暖差にはめっぽう弱い私ですが、以下の事を心掛けて多少改善されたのでご紹介します。

飲み物は常温か温かいものを飲む

ホットドリンク

当然ですが、体を冷やさない様にするには必須です。特に冷える時には、生姜を摂取します。

上記の様に粉末になっている商品は、自分の食生活のあらゆる物に混ぜる事ができてかなり便利です。紅茶、お茶、ハーブティー、味噌汁、スープ等、生姜は何にでも合います!

適度な運動をする

運動 ジョギング

数年間、運動という運動を全くせずにいたのですが、流石に体調を崩す事が増えたので体力作りを目的に運動を始めました。自宅でできる自重トレーニングと軽いジョギングを週に二回程度ですが、続けていると体ががっしりして体重も少し増えました。そして何より運動を始めてから、血流が良くなって、体がポカポカと温かい事に気付き極度の冷えが無くなりました。これは体の熱を作るのに必要な筋肉が増え、基礎体温が上がったからです。

お風呂にしっかり浸かる

入浴

めんどくさがってシャワーだけにしていたのですが、ぬるま湯(38℃〜40℃弱くらい)に15〜20分浸かる様にすると、お風呂を出た後にポカポカが継続します。

この時必ず下半身(みぞおちより下)だけ浸かり、上半身は浸からない様にしましょう。そうしないと心臓に負担がかかるのと、極端に温まり過ぎて風呂上がりに時間が経つと逆に一気に体が冷えて逆効果になります。

まとめ

私はこの3点を実行して、寒暖差に多少耐えられる体になりました。多少と書いたのは、あまりにも寒暖差が激しいと結局は体調を崩します。

マメに天気予報を見て上着の調整をする事が一番現実的な対応かもしれないですね。

ただ、多少なりともこの対策が役に立ってくれれば幸いです。

-経験談