グッズ

土屋鞄のランドセルは淡く優しい色なのでラベンダーでも後悔しません!

土屋鞄のランドセル|No.33ラベンダー

こんにちは

そろそろ来年入学のお子さんが、いらっしゃるご家庭は、ランドセルを探し始める頃かと思います。

最近は人気なランドセルメーカーとなると、早く注文をしないと入学まで間に合わないという、面白い時代になってます。

ランドセルは昔と違って色の選択肢が豊富に有りますが、それ故に子供が親の好みとは、かけ離れた色を希望して、少し悩んだりしていませんか?

我が家も娘がラベンダーを希望して、夫婦の希望と違って、当初は悩んでいました。ピンクやラベンダーとかって6年生まで使えるかな?って不安ですよね!

とは言え、実物を見てみないとわからないので、名前を知っていた、土屋鞄のランドセルのショールームで実物をみてみました。

実際にみてみると、優しく淡いラベンダーで、その悩みは一気に吹き飛びました。

お子様が少し派手目な色を希望している場合、悩みが解決出来ると思いますので、是非、最後までご覧ください!

【土屋鞄のランドセル】背中に、心に、優しい記憶を。

土屋鞄製造所とは

1965年にランドセル作りから始まった、鞄の製造メーカーです。確かな技術を持った職人さんが、作業の多くを手作業で行って、一つ人丁寧に作り上げています

ランドセル以外にも、ビジネス、カジュアルに合う鞄や財布などの革小物を製造しています。

ファッション好きな方なら、一度は聞いた事あるんでは無いでしょうか、私も店舗に行ったことありませんでしたが、名前は知っていました。

土屋鞄のランドセルの特徴

丁寧な作りで有名な、土屋鞄のランドセルの特徴を簡単に解説していきます。

細部のデザインに拘っている

私の娘が買ったシリーズは、「No.33 プレミアムカラー牛革ラベンダー」ですが、子供が使うランドセルとは思えない程、細部に拘りがあります。

土屋鞄のランドセル|デザイン
雨の日にも強い牛革仕様

まずは全体の佇まいからですが、冒頭でもお話しした通り、淡く優しい色味をしています。

ラベンダーと聞くと、もう少し強い色をイメージしますが、いい意味で少しくすんだマットな色味をしています。

初めてみた時は、これなら6年生まで全然いけそうだなと感じました。

土屋鞄のランドセル|デザイン

内側の部分ですが、優しいクリーム色で、この部分は人工皮革が使われています。

一番高さがある部分は、A4のファイルが、すっぽり入る高さに設計されています。

土屋鞄のランドセル|デザイン

内側にメーカーのタグが縫い付けて有ります。

土屋鞄のランドセル|デザイン

蓋部分の縁や、側面の部分に陰影がつくように膨らみを持たせています。これは肉盛りという技法で、作るには繊細な技術が必要とされています。

子供向けで、ぶっちゃけ必要のない部分なのに、拘りを持ってデザインされています。こういった部分が全体の高級感につながっているんだなと感じます。

土屋鞄のランドセル|デザイン

底部分の金具です。金具はランドセルの雰囲気に合う、アンティーク調な色で統一されています。

土屋鞄のランドセル|デザイン

色々引っ掛けたりする側面の金具も、オリジナルの形で作られていて、土屋鞄のロゴが入っています。

本体に傷が付かないように、一枚革が挟まれていますが、この部分にも縁をかたどるように型押しがされています。これも陰影を付けてメリハリを付ける為ですが、本当に芸が細かいです!

【土屋鞄のランドセル】使うほどに愛着のわく、シンプルな美しさを大切に

300もの工程を手仕事で

一つのランドセルを作る為の工程が、300程ありますが、職人さんがリレーをしながら一つ一つで手仕事で進めています。

土屋鞄のランドセル|縫製
とにかく綺麗な縫製
土屋鞄のランドセル|縫製

場所によって強度が必要な場所などはミシンではなく、一つ一つ手縫いで作業しています。

背負い心地

土屋鞄のランドセル|背負い心地

背負い心地を良くする為に、ベルトの肩の部分が予め立ち上がっていて、前からみるとS字形になっています。

それによって、背中とランドセルの間に空間が出来ず、体にフィットして肩や背中に掛かる重さを、分散してくれる様になっています。

丈夫

土屋鞄のランドセル|耐久性

ベルトの付け根など、負荷のかかり易い所は、手縫いで補強するなど耐久性が増す様に工夫されています。

その他金具の傷防止用の革も裏表がないよう、2重で縫い合わせてあります。

土屋鞄のランドセル|耐久性

あらゆる所で補強してあって、とにかく頑丈です。

6年間無料修理保証

土屋鞄のランドセルは、6年間の無料修理保証が付いてきます。しかも、不注意や故意による破損も修理対象です。

  • 友達とふざけていて壊れた
  • 大きな傷が付いた
  • ファスナーや金具が破損した...など

更に、修理中にランドセルの貸し出しまで無料でしてくれます。

それぐらい大切に使って欲しいという思いが強いのと、丈夫さに自信を持っている証拠です。

【土屋鞄のランドセル】使うほどに愛着のわく、シンプルな美しさを大切に

ランドセルリメイク

使い終わって、思い出の詰まったランドセルを、リメイクしてくれるサービスが有ります。

パスケースやペンケース、ミニチュアランドセルや写真盾など、用意されたラインナップから選んで作ってもらう事が出来ます。(別途料金)

子供がラベンダー希望なら土屋鞄の牛革一択!

土屋鞄のランドセル|ラベンダー

子供がランドセルの色を選ぶ時、親が一番悩む部分としては、少し派手な色を選んだ時だと思います。

「この色で普段の洋服と合うだろうか」「この色を高学年まで使わせて不自然じゃないか」と不安になりますよね。

私達夫婦も同じ感覚でした。実際に街で、大きい小学生の子が、ラベンダーやエメラルドグリーンの様な色のランドセルを背負っているのを見ると、ちょっとミスマッチだなと思っていました。

ですが、土屋鞄のランドセル(No.33 プレミアムカラー牛革ラベンダー)は、淡く落ち着いたカラーで、その不安を本当に払拭してくれました。

同じ悩みを持つ親御さんに、本当におすすめ出来ます。

もう一点ポイントとしては、本革を選んだ方が良いと思います!

本革は人工皮革違い、経年変化で徐々に馴染みが出てきます。なので、高学年になる頃には、更に風合いが出て落ち着き、ミスマッチになる心配が有りません!

どうせ高価なら良いものを!

土屋鞄のランドセルの、唯一のデメリットは「価格が高い」という所です。

質の良い革を使い、職人さんが一つ一つ丁寧に、手仕事で仕上げているので、どうしても高価になってしまいます。

ただ、これに関して思う事が有ります。

私の娘が買ったモデルは79,000円(税込)しましたが、他社のクラリーノなどの人工皮革で、大量生産した物でも50,000円前後はします。

皆さん、どう思いますか?逆に、人工皮革で大量生産の方が高く感じませんか?私はそう思います。

ほんの1〜2年使う程度なら、安いもので充分だと思います。ですが、ランドセルは6年使用する事が、初めから決まっています

長く使用するなら、中途半端に高くて、中途半端な品質の物より、丁寧に作られた高品質な物の方が良くないでしょうか?

正直、最初はランドセル選び興味が無かったので、何でも良いと思っていました。

ですが、土屋鞄のランドセルを手にした時、「逆に安いものは嫌だな」と、思える位、差を感じました

土屋鞄のランドセルは重い?

本革のランドセルは、やや重いという口コミがあります。

確かに本革ともなると、少し重さはあるかなと思います。

ですが、背負い心地の部分でもお伝えしましたが、体に無理なくフィットし、重さを分散する設計になっているので、体重の軽い子供でも問題有りません

実際、私の娘は小柄で痩せ型ですが、問題なく毎日通っています

まとめ

土屋鞄のランドセルまとめ。

  • ラベンダー、ピンクなど派手目な色が、淡くて落ち着いている
  • 質と作りが良い
  • 6年間無料保証(不注意、故意も可)
  • 使い終わった後はリメイクで思い出に

繰り返しますが、ランドセル自体、どんなものも元々高価です。中途半端に高いのであれば、少し予算を増やして、質や作りが良い物をおすすめします。

以上、是非参考にしてみて下さい。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

-グッズ