スタイリング剤

ドラッグストアでも購入可能!ボタニスト【ボタニカルヘアバーム】を口コミ!

2022年2月27日

ボタニスト|ボタニカルヘアバーム

現代のへアスタイリングには欠かせないナチュラルオイルやヘアバームですが、最近はドラッグストアなどでも気軽に購入出来る物も多く見かけます。

市販で人気なブランドといえば「ボタニスト」というブランドがありますが、そのボタニストにもヘアバームが存在します。

ただ、シャンプーでは人気でしたがバームの質がどの様な物か分からない方も多いと思います。

そこで今回は美容師である私がボタニストの【ボタニカルヘアバーム】の成分や使用感を口コミしたいと思います。

美容室専売品のヘアバームと比べてどうなのか気になっていた方は、参考になる記事だと思いますので是非最後までご覧くださいませ。

私の簡単な経歴

美容師歴21年

バームの火付け役的存在プロダクトのヘアワックスを初め、あらゆるバーム系ワックスを使ってきました。

関連
ドラッグストア|ヘアバーム
ドラッグストアでも購入出来るおすすめヘアバーム5選!

長年ウェット系のヘアのスタイリングに人気のヘアバーム。美容室専売系や市販系も含めて沢山の種類があります。 今回はそんなヘアバームの中から、直ぐにドラッグストアでも購入出来るおすすめのヘアバームを紹介し ...

続きを見る

関連
人気ヘアバーム3種
ウェットヘアにおすすめ!人気ヘアバームの特徴や違いを徹底比較!【サロン専売編】

ここ10年程人気が定番化しているヘアバームですが、皆さんは何か使った事は有りますでしょうか? 大人気な「ナプラN.」のナチュラルバームを始め、今では各メーカーから沢山のヘアバームが出ています。 選択肢 ...

続きを見る

ボタニストとは

ボタニスト

ボタニストは株式会社I-ne(アイエヌイー)が開発する2015年に誕生した化粧品ブランドです。

特徴

  • 植物成分とテクノロジーのバランスを追求
  • 厳選した植物由来成分
  • 植物が持つ香りを独自に調合

【植物とテクノロジーのバランス】
ナチュラルとテクノロジーのどちらかに偏るのではなく、どちらの良い所も引き出すようにバランスを考えて商品を開発しています。

【厳選した植物由来成分】
ブランド名のボタニスト=植物にとあるように、30万種類の中から厳選した植物由来成分を使用
シャンプーの洗浄成分も植物由来の物を使用し髪や地肌の潤いを守ると共に、環境の事も考えています。

【植物が持つ香りを独自に調合】
様々な植物の香りを掛け合わせてボタニストオリジナルの香りを作っています。
ケアの段階でより香りを楽しめるようシャンプーとトリートメントで敢えて香りを変えているので、セットで使用するとより香りを堪能できます♪

ボタニカルヘアバーム

ボタニスト|ボタニカルヘアバーム

特徴

  • 植物由来成分配合しつつ毛髪補修成分も配合
  • ウェットヘアのスタイリングをしながらヘアケア
  • 手や肌の保湿にも使える
  • レモングラス&ゼラニウムの香り

多く出回っている他のヘアバームと特に違う点は、植物由来100%では無い点です。

ナチュラル特有の使用感がありながら、テクノロジーをバランス良く取り入れて毛髪の補修も出来るように仕上がっています。

価格など基本情報

商品名ボタニカルヘアバーム
メーカー株式会社I-ne(アイエヌイー)
ブランドボタニスト
価格(税込)¥1,650
内容量32g
1gあたりの価格¥52

他社のバームより1gあたりの価格がやや安めです。

植物由来100%にしない事で手の届きやすい価格帯に抑えられているんではないでしょうか。

配合成分解析と期待できる効果など

続いては配合されている成分について簡単に解説していきます。

シア脂、アーモンド油、ダイマージリノール酸ダイマージリノレイルビス(ベヘニル/イソステアリル/フィトステリル)、ミツロウ、メドウフォーム油、ホホバ種子油、コメヌカロウ、アストロカリウムムルムル種子脂、カカオ脂、ジイソステアリン酸ポリグリセリル-2、ヤシ油、アルガニアスピノサ核油、マカデミア種子油、スクワラン、セラミドNP、アスパラギン酸、アルギニン、グリシン、セリン、アラニン、プロリン、バリン、イソロイシン、トレオニン、ヒスチジン、フェニルアラニン、PCA-Na、PCA、ツバキ種子油、ヒマワリ種子油、サルビアヒスパニカ種子油、チャ葉エキス、クエン酸、BG、水、トコフェロール、乳酸Na、レモングラス油、ニオイテンジクアオイ油、香料

髪にツヤを与えてくれる【ボタニカルシードオイル】

ボタニカルバーム|シードオイル

【アルガニアスピノサ核油(アルガンオイル)
モロッコの先住民が美容や健康を目的に古くから使用していた。
抗酸化作用・エモリエント効果・抗老化作用・保湿などが期待出来る。

【ツバキ種子油】
ヘアケアでは昔からよく利用される。髪への吸収も高く、柔軟性や弾力性を与えてくれます。
酸化安定性が高く化粧品に向いている。
日本や朝鮮半島、中国が原産。
エモリエント効果・抗菌などが期待出来る。

【ホホバ種子油】
髪や肌に膜を作って水分の蒸発を防ぐ「エモリエント効果」が期待出来る。
古くから食用、傷の治療、ヘアやスキンケアに利用されてきた。

【ヒマワリ種子油】
含まれるビタミンEが酸化防ぎ、髪を補修する作用も期待出来る。

【サルビアヒスパニカ種子油】
こちらも抗酸化・抗炎症作用と保湿効果を期待出来る。

肌へも馴染みが良い植物由来の保湿成分

【カカオ脂】
エモリエント効果で肌や髪を水分を保持してくれる作用がある。
固体だが人の体温位で丁度溶けるので肌に馴染ませやすい。

【シア脂(シアバター)】
ナチュラル系の美容製品には欠かせない成分。アフリカに生息するシアの木の実から採れる優れた保湿力を持っている植物性油脂。
髪や肌に膜を作り紫外線や乾燥から守ってくれます。

【アストロカリウムムルムル種子脂】
主に南米に自生するヤシの一種でこちらもエモリエント効果が期待出来る。

【アーモンド油】
同じくエモリエント効果。

精油メインの香り【レモングラス&ゼラニウム】

レモングラス

香り付けはレモングラスとゼラニウムの精油と香料をブレンドした香りになっています。

香料も使用していますが、実際に嗅いでみると精油メインのナチュラルな良い香りで化学的な香りは気になりません

ポイント

レモングラス・ゼラニウムは共に、不安やストレスを軽減しリラックス効果が期待出来ると言われています。

普段疲れている方などにはとてもおすすめの香りです♪

他のメーカーのヘアバームと違う点!

ここからは一般的なヘアバームと違う点の解説をしていきます。

ダメージ補修成分のアミノ酸配合

髪の主成分タンパク質(ケラチン)のもとであるアミノ酸を11種類配合しています。

ポイント

植物由来成分のみではどうしても弱いダメージ補修作用を、このアミノ酸で補って理想のウェットヘアを実現しています!

キューティクルに効果的なセラミドとスクワランが配合!

【セラミド】
ダメージした毛髪内部や剥がれかけたキューティクルの隙間に浸透して補修してくれます。

【スクワラン】
元々人間の皮脂中にも存在していると言われる保湿成分。
皮脂膜を作って乾燥や紫外線から髪の毛を守ります。

ポイント

セラミドによってキューティクルを補修した後、スクワランが膜を作り髪を保護してくれるので、補修+ダメージの進行も防いでくれます。

使用感(使い方)

画像のモデルさんの様な毛先のニュアンス、外ハネ部分の束感などウェット仕上げのスタイリングに向いたワックスです。

使用手順

  • コテやアイロンで形を作る(パーマベースは先にアウトバスを少しつけてハーフドライ)
  • 真珠くらいの量(初めは少なめから試す)を手に取って溶かす
  • 中間〜毛先にクシャッと揉み込んで馴染ませる
  • 指先に残ったワックスで所々毛束を作る
  • 手に残ったワックスは手や爪に馴染ませる

ポイント

ハイトーンのカラーやパーマなどで傷んだ髪でも、アミノ酸などの補修成分が毛先をまとめウェットヘアを作ってくれます

メンズにも使える?

質感は至って普通のナチュラルバームなので男性のスタイリングにも全然使って頂けると思います。

ハードな束感を出す様なスタイルでは無く、ナチュラルなマッシュやミディアム〜ロングのパーマスタイルなどにおすすめです。

フローラル系の香りなので抵抗ある方もいらっしゃるかもしれませんが、甘いローズ系のような香りでは無いので男性が付けても問題ありません

私はむしろ好みでもあります。

ボタニストのヘアバームは寝る前に使える?

植物由来成分がメインで肌にも使える物なので使って問題は無いと思います。

ただ、バームを寝る前に使用すると寝起きにしっとりし過ぎるので、寝る前はアウトバストリートメントに留めておくのが良いと思います。

ボタニカルヘアバームがおすすめな方

  • ダメージが強い
  • スタイリングと一緒に補修もしたい
  • ウェットヘアにしたい
  • 欲しい時に直ぐ購入したい

他のバームと一番違う点は、植物由来100%じゃ無い所です。

その代わりにアミノ酸など補修成分を配合する事で、トレンドのウェット系のスタイリングと補修の両立を実現しています。

ドラッグストアやネット販売の公式ストアでいつでも購入出来るので、入手に困る事がありません。

ボタニカルヘアバームがあまりおすすめじゃない方

  • 強い動きや毛束を出したい
  • 植物由来100%に拘りがある
  • 植物にアレルギーがある

自然由来物だけでは、強い動きや毛束は出せないので普通のファイバーワックスなどがおすすめです。

ナチュラル系バームといえば植物由来100%の物が殆どですが、ボタニカルヘアワックスは違います

化学系成分が苦手で植物由来100%の物を求めている方は他のバームを探しましょう。

稀に特定の植物にかぶれる方がいらっしゃいます。植物由来100%では無いとはいえ、そういった心当たりのある方はあまりおすすめ出来ません。

購入出来るお店は?

実店舗で購入出来るのは、ボタニストの専門の「ボタニスト・ライフスタイルショップ」や全国のドラッグストアになります。

実際に香りなどを確認して買いたい方は近所のお店で探してみるのが良いと思います。

ネット派の方はAmazon・楽天・Yahoo!に沢山出品があるので、そちらでの購入をおすすめします。

ポイント

元々市販品なのでネットにも正規品が売られていています。

美容室専売品は稀に怪しい物がネットに出回っている事もあるので、その点では安心できると思います。

関連
ドラッグストア|ヘアバーム
ドラッグストアでも購入出来るおすすめヘアバーム5選!

長年ウェット系のヘアのスタイリングに人気のヘアバーム。美容室専売系や市販系も含めて沢山の種類があります。 今回はそんなヘアバームの中から、直ぐにドラッグストアでも購入出来るおすすめのヘアバームを紹介し ...

続きを見る

美容師によるボタニカルヘアバームのレビュー

香り
ツヤ
まとまり
ウェット感
束感
セット力
ダメージ補修
コスパ

総合評価

 3.8

ナチュラルバームでは珍しい補修成分配合

【香り】
レモングラスのスッキリ感と甘くないフローラルの香りが気持ちをリセットしてくれる。

【ツヤ】
シリコンなどのコーティング系ではないので少し出る程度。

【まとまり】
補修成分のおかげで、割と傷んでいる毛先でもまとまってくれます

【ウェット感】
保湿力の高い植物オイルによってウェット感はしっかりとあります。

【束感】
ナチュラル系バームでは充分な束感。

セット力】
バームが柔らかめなので少し弱め。

【ダメージ補修】
ナチュラル系バームでは珍しくケラチンやセラミドなどの補修成分を配合しているので、補修効果を期待出来ます。

【コストパフォーマンス】
植物由来100%では無いので妥当といえばそうですが、他のバームと比べると良いと思います。

評価まとめ

特徴のおさらい

  • 植物由来100%ではない
  • それ故に補修力が有り、価格も安め
  • 近所ですぐに購入出来る

植物由来100%じゃ無いので化学的な感じがあるのかと思えばそんなことはありません。

価格も手頃で他のバームと違い、髪を補修してくれるなどのメリットがあります。

何より、ドラッグストアなどでいつでも思い立った時に買いに行ける気軽さも良い点ですね!

もうすぐ使っている物が無くなる方は是非試してみて下さい!

最後まで読んで頂きありがとうございました。

関連
ドラッグストア|ヘアバーム
ドラッグストアでも購入出来るおすすめヘアバーム5選!

長年ウェット系のヘアのスタイリングに人気のヘアバーム。美容室専売系や市販系も含めて沢山の種類があります。 今回はそんなヘアバームの中から、直ぐにドラッグストアでも購入出来るおすすめのヘアバームを紹介し ...

続きを見る

-スタイリング剤