インテリア

Yチェアのメンテナスはとてもやり甲斐あって楽しい!方法も紹介!

Yチェア|CH24お手入れ

世界一売れた椅子として有名なYチェア(CH24)ですが、美しいデザインや自然な木目を生かした木の風合いがとても魅力的な椅子だと思います。

代表的な仕上げはソープ仕上げやオイル仕上げになっていて、手で触れるとすべすべと気持ち良い手触りがします。

ナチュラルな仕上げは風合いが良い反面、定期的にメンテナンスをしないと乾燥したり汚れていってしまいます。

今回は、そんなYチェアに必要なメンテナンス方法と実例を紹介させて頂きたいと思います。

面倒なイメージがあるかも知れませんが、特にソープフィニッシュはメンテナンス後の変化が大きいので、やり甲斐も有って楽しいです。

Yチェアを購入前でメンテナンスを自分で出来るか不安な方や、メンテナンスが初めての方におすすめの記事になっておりますので是非最後までご覧くださいませ!

Yチェアお手入れ|ソープ仕上げ編

先ずは日本人にとって聞きなれないソープ仕上げのお手入れから紹介させて頂きます。

デンマークなどの北欧の家具ではメジャーな仕上げで、名前の通り石けんを使った仕上げになります。

石鹸は油分によって木を保護し、汚れを付きにくくしてくれるなどの効果があります。

お手入れの頻度は最初は2週間~8週間おきにマメにしましょう。

石鹸の力でお手入れする事によって、汚れも落ちて購入時の様なまた白っぽい仕上がりに近づける事が出来ます。

初めのうちはマメにお手入れが必要ですが、繰り返すうちに油分の層が厚くなるので、その後は半年空けても大丈夫になります。

Yチェアについてまだ詳しく知らない方は、こちらの記事で解説していますので是非ご覧下さい。

用意する物

Yチェアお手入れ準備物
  • サンドペーパー(#400程度)
  • 綺麗な布(タオルなど)
  • 純石鹸(石けん素地100%)
  • カッター
  • スポンジ
  • ぬるま湯

サンドペーパー
400番程度の目の細かいサンドペーパーを用意します。

綺麗な布
使い古したタオルやTシャツの切れ端などで大丈夫です。綺麗に洗濯して使用しましょう。

純石鹸
無添加で石けん素地(脂肪酸ナトリウムや脂肪酸カリウム)100%の物。

牛乳石鹸の無添加せっけん
牛乳石鹸の無添加せっけん

カッター
どんな物でも大丈夫です。

スポンジ
キッチンで使っていた物など何でも結構です。
※食器用洗剤と混ざると良く無いので、こちらも綺麗にしてから使用して下さい。

ぬるま湯
40℃前後くらい。

メンテナンス手順

Yチェアソープ仕上げ|お手入れ前
オークのソープ仕上げ

上の画像は購入後2年経過したYチェアです。

Yチェアソープ仕上げアーム汚れ

初めの5回くらいはマメにやっていましたが、1年くらいサボっていて持ち手の部分が特に汚れています

では実際にお手入れしていきましょう♪

step
1
汚れや傷が酷い所をサンドペーパーで軽く研磨する

汚れや傷が酷い場合は400番程度のサンドペーパーで軽く研磨します。

必ず木目に沿って優しく研磨しましょう。

※汚れが特に気にならない場合は飛ばしてstep②に進んでください。

step
2
マスキングテープで座面を保護

Yチェアお手入れ下準備

座面のペーパーコードが濡れないように木部との境目をマスキングテープで保護します。

step
3
石鹸をカッターでフレーク状にする

Yチェアお手入れ下準備

石鹸を溶けやすくする為カッターで薄くフレーク状にします。

Yチェアお手入れ下準備

解けやすくする為、なるべく薄めにスライスしましょう。

step
4
ぬるま湯に石鹸を溶かしてスポンジで泡立てる

Yチェアお手入れ下準備

フレーク状にした石鹸をぬるま湯に入れて溶かし、スポンジで泡を作ります。

Yチェアお手入れ下準備

泡がある程度モコモコになったら大丈夫です。

ポイント

泡が緩すぎると塗布しづらく椅子が湿り過ぎてしまうので、しっかり泡立てて緩い場合は石鹸を追加しましょう。

step
5
出来た泡を木部に塗布し余分な泡は拭き取る

Yチェアお手入れ泡を乗せる

出来た泡を木部に撫でるように塗布します。

泡を置く様なイメージです。

木が湿った状態で強く擦ると、表面がカサカサして毛羽立ってしまいます。

Yチェアお手入れ泡乗せ完了

全体に塗布完了後。

泡が固まっているとシミの原因になるので、乾いた綺麗な布で軽く拭き取ります。

step
6
10分乾燥する

Yチェアお手入れ泡拭き取り

泡を軽く拭き取ったら10分程軽く日陰で乾燥させます。

step
7
硬く絞った綺麗なタオルで全体を拭く

10分日陰で乾燥した後、改めて硬く絞ったタオルで優しく全体を拭きます。

step
8
半日程日陰で乾燥させる

Yチェアお手入れ仕上げの乾燥

半日ほど日陰で乾燥させたらお手入れ完了です♪

ソープフィニッシュ編の仕上がり確認

それでは、ソープのお手入れ後の仕上がりを確認していきましょう。

Yチェアソープ仕上げお手入れ前

これはこれで味がありますが、皮脂などを吸収して色が黄色くなっています。

ソープ仕上げ本来の白っぽくてサラサラとした質感がありません。

Yチェアソープ仕上げお手入れ後

石けんの効果で溜まっていた汚れをスッキリ落とし、ソープ仕上げ特有の白っぽさとサラサラした質感が蘇りました!

Yチェアソープ仕上げお手入れ前後

特に手を置くアーム部分は皮脂が付きやすく汚れやすい所ですが、この位綺麗に仕上がります。

どうでしょうか?

面白いくらいに変わったと思いませんか?

この様にソープ仕上げは変化が大きいので、とてもお手入れし甲斐があります。

質感もまたサラサラするのが何とも気持ちが良いです♪

Yチェアお手入れ|オイル仕上げ編

次は、もう一つ人気の仕上げであるオイルフィニッシュのお手入れ方法をご紹介させて頂きます。

道具さえ用意すればソープ仕上げより簡単で、お手入れ頻度も少なくて済みます。

用意する物

  • サンドペーパー(#400程度)
  • ウェス(着古した白いTシャツなどでもOK)
  • 木製家具用の自然塗料(オイル)

サンドペーパー
ソープのお手入れ時と同じ、400番くらいの目の細かい物。

ウェス
着古したTシャツやガーゼなど柔らかい布。
※色移りしない様に出来れば白を用意する。

自然塗料(オイル)
アマニオイルなどが主成分の自然塗料。
有名な家具メーカーが多く利用しているリボス社のアルドボスやビボスがおすすめです!

「地球と人」に優しいをモットーに、50年間安心で安全な自然塗料を作り続けている会社です。

アルドボスはアマニオイルなどのオイル配合で、乾燥した木製家具の油分を補ってくれるオイルです。

ビボスはアマニオイルで油分を補いつつ、蜜蝋も入っているので艶と防水効果も発揮します。

初めての方はウェスと研磨布がセットになった物がおすすめです。

メンテナンス手順

Yチェアオイル仕上げ|お手入れ前
オークのオイル仕上げ

こちらもソープ仕上げと同じ、2年使用中のYチェアです。

ソープ仕上げより艶感があるので悪くは見えませんが、実際には艶がくすんで鈍くなっています。

ではこちらもメンテナンスしていきます!

step
1
硬く絞った柔らかい布で全体を拭いて乾燥

水で濡らして、しっかり絞った布で全体を拭いて汚れを落とします。

湿りっ気が無くなるまでしっかり乾かして下さい。

日頃きれいに拭いている場合は省いても構いません。

step
2
汚れや傷の酷い所を軽く研磨する

小傷がある所や汚れが酷い所を400番以上の目の細かいサンドペーパーで研磨します。

step
3
オイルをウェスにつけて塗布する

ウェスにオイルを付けて、木目に沿って全体に塗布していきます。

ポイント

必ずウェスにつけて薄く伸ばすように優しく塗布してください。

オイルが染み込んだウェスは自然発火する場合があるので、塗布後は必ずビニール袋などに水と一緒に入れて捨てて下さい。

step
4
10分乾燥して余分なオイルを拭く

乾燥しきる前に表面の余分なオイルを綺麗なウェスで拭き取って下さい。

step
5
日陰でしっかり乾燥

余分なオイルを拭き取ったら、日陰で半日程度しっかり乾かします。

step
6
毛羽立つ場合はもう一度研磨

仕上げ後に毛羽立つ場合は、再度優しく研磨して完成です♪

オイルフィニッシュ編の仕上がり確認

それではこちらも仕上がりを確認していきましょう。

Yチェアオイル仕上げお手入れ後

オイルが抜けて乾燥していた所に、しっかりと浸透して艶が蘇りました。

Yチェアオイル仕上げお手入れ前後

ソープ同様、アーム部分は良く触れる部分なので油分がより抜けていました。

ソープ仕上げ程ではないですが、こちらメンテナンスする事で結構変化はあります。

まとめ

いかがだったでしょうか?

お手入れは特に難しくない事がお分かり頂けたんではないでしょうか。

個人的にはソープ仕上げのメンテナンスの方が変化が大きく楽しいので好きです。

メンテナンスのハードルが高そうに感じますが、お手入れも楽しいと思うのでソープ仕上げを一つは取り入れることをおすすめします!

日頃、革靴などの革製品のメンテナンスがお好きな方は特にに楽しめると思います!

以上の事がお役に立てましたら幸いです。

最後までありがとうございました!

-インテリア