ヘアバーム

驚く程コスパの高いオーガニックブランド【アロマキフィ】のヘアバームを美容師がレビュー!

2022年9月20日

アロマキフィ|オーガニックバター

最近定番の濡れ髪ヘア。そんな濡れ髪スタイリングには、ナチュラルオイルやヘアバームが欠かせない物となっています。

どんな方でも、常時一つは持っていらっしゃるんではないでしょうか。

毎日使う物は減りが早く直ぐになくなってしまうので、出来ればコスパの高い物が欲しいですよね。

そこで今回は、そんな方におすすめのコスパ最強ヘアバーム「アロマキフィ|オーガニックバター 」を紹介させて頂きます。

他の人気ヘアバーム同様天然由来成分で構成されていながら、1gあたり33円ととても手を出しやすい価格帯です!

何か新しいヘアバームを探していた方には、おすすめの記事になっていますので是非最後までご覧くださいませ!

関連
ドラッグストア|ヘアバーム
ドラッグストアでも購入出来るおすすめヘアバーム5選!

長年ウェット系のヘアのスタイリングに人気のヘアバーム。美容室専売系や市販系も含めて沢山の種類があります。 今回はそんなヘアバームの中から、直ぐにドラッグストアでも購入出来るおすすめのヘアバームを紹介し ...

続きを見る

関連
人気ヘアバーム3種
ウェットヘアにおすすめ!人気ヘアバームの特徴や違いを徹底比較!【サロン専売編】

ここ10年程人気が定番化しているヘアバームですが、皆さんは何か使った事は有りますでしょうか? 大人気な「ナプラN.」のナチュラルバームを始め、今では各メーカーから沢山のヘアバームが出ています。 選択肢 ...

続きを見る

AROMA KIFI(アロマキフィ)

AROMA KIFI(アロマキフィ)

アロマキフィは女性化粧品の企画販売をしている、ビジナルという会社の1ブランドです。

忙しい現代女性の髪や頭皮を、植物成分の作用や香りでケアする、というコンセプトの元開発されています。

拘り

  • 95%以上は自然由来原料(内10%以上はオーガニック由来)
  • シリコン、鉱物油、パラベン、合成香料、合成着色料不使用
  • 香り付は天然精油のみ

ショート〜ミディアム向け【アロマキフィ|オーガニックバター(ウェットスムース)】

アロマキフィ|オーガニックバター(ウェットスムース)

アロマキフィのヘアバームは2種類あるのですが、先ずはショート〜ミディアム向けの「ウェットスムース」から解説していきます。

特徴

  • 95%以上は自然由来原料(内10%以上はオーガニック由来)
  • 髪に程よいまとまりとウェット感を与える
  • 全身に使用出来る
  • アロマティックシトラス(ラベンダーやベルガモット)の香り
アロマキフィ|オーガニックバター中身

容器はプラスチック製ですが、マットな質感で意外と高級感があります♪

アロマキフィ|オーガニックバター質感

バームの質感は柔らかめ。

アロマキフィ|オーガニックバター質感

手に取って伸ばすと、体温で直ぐに溶けてくれます。

精油の香りがとても心地いいです。

価格や成分など基本情報

商品名オーガニックバター(ウェットスムース)
メーカー株式会社ビジナル
ブランドAROMA KIFI(アロマキフィ)
価格(税込)¥1,320
1mlあたりの価格¥33
内容量40g

注目は価格帯ですが、1g33円は天然由来系のバームでは破格です。

ラウリン酸メチルヘプチル、ミツロウ、スクワラン、ハイブリッドサフラワー油、シア脂、ホホバ種子油アストロカリウムムルムル種子脂、アルガニアスピノサ核油、ツバキ種子油、ユチャ種子油、グリチルレチン酸ステアリル、ヨーロッパキイチゴ種子油、トコフェロール、香料

ヘアバームでは定番の成分でシンプルな構成

アロマキフィ|オーガニックバター成分

【ミツロウ】
ミツバチの巣から採れる成分。優れた保湿性と光沢があるのでハンドクリームやリップクリームにもよく使われます。
硬さがある為、ヘアバームでは束感やニュアンスを作るのに役立っています。

【シア脂】(シアバター)
ナチュラル系の美容製品には欠かせない成分。アフリカに生息するシアの木の実から採れ、優れた保湿力を持っている植物性油脂。
髪や肌に膜を作り紫外線や乾燥から守ってくれます

【アストロカリウムムルムル種子脂】(ムルムルバター)
南アメリカに自生するヤシの種子から採れる油脂。丁度体温くらいで溶けやすいので馴染ませやすい。
髪に柔軟性を与え、熱によるダメージなどから髪を保護してくれる。※シアバターより高保湿

【ツバキ種子油】
酸化安定性が高く化粧品に向いている事からヘアケアにも昔からよく利用される。
髪への吸収も高く、柔軟性や弾力性を与えてくれます。
日本や朝鮮半島、中国が原産。

他のバームでは見られない珍しい成分

【ヨーロッパキイチゴ種子油】(ラズベリーオイル)
抗酸化、収れん作用や、潤いを保つエモリエント効果などから、地肌を整え髪に潤いを与える。

【グリチルレチン酸ステアリル】
マメ科の植物甘草から得られるグリチルリチン酸から、さらに得られる成分。
抗炎症作用があり、ニキビなどの肌荒れを抑える。

ポイント

この2つの成分は、他のヘアバームではあまり見かけない成分です。

抗炎症作用のある成分などを見ると、安心して使用出来ることがわかります。

7つの無添加で全身にも利用可能

石油系界面活性剤、鉱物油、合成着色料、動物性原料、パラベン、エタノールは無添加で、ナチュラル系バームの特徴はしっかり抑えられています。

ヘアバームの中にはリップのみ使用不可という物もありますが、アロマキフィはリップももちろんOK♪

天然精油(ラベンダー+ベルガモット)のスッキリした香り

アロマキフィ|オーガニックバターウェットスムース香り

香りももちろん天然精油の香り。ラベンダー+柑橘はまず嫌いな方はいないでしょう。

香りの作用

ラベンダーとベルガモットは、いずれも不安やストレスを軽減し、リラックス効果の期待出来る香りです。

疲れて気持ちの乗らない朝も、スタイリング時にスッキリした気持ちで出られます♪

ウェットスムース使用感(使い方)

アロマキフィ|オーガニックバター(ウェットスムース)使い方

使い方は至って普通のバームの使い方でOKです!

ウェットスムースはショート〜ミディアム(ハンサムショートや外ハネ系スタイル)などにおすすめ。

ダメージして乾燥した毛先などに濡れ感を与え、適度な動きや束感を作れます。

ミディアム〜ロング向け【アロマキフィ|オーガニックバター(ウェットアレンジ)】

アロマキフィ|オーガニックバター(ウェットアレンジ)

続いてはミディアム〜ロング向けの「ウェットアレンジ」を解説していきます。

特徴

  • 95%以上は自然由来原料(内10%以上はオーガニック由来)
  • 髪に程よいキープとウェット感を与える
  • 全身に使用出来る
  • アロマティックローズ(ローズやゼラニウム)の香り

価格や成分など基本情報

商品名オーガニックバター(ウェットアレンジ)
メーカー株式会社ビジナル
ブランドAROMA KIFI(アロマキフィ)
価格(税込)¥1,320
1mlあたりの価格¥33
内容量40g

こちらもウェットスムース同様、財布に嬉しい価格帯です。

ラウリン酸メチルヘプチル、ミツロウ、スクワラン、シア脂、ホホバ種子油、香料、アルガニアスピノサ核油、ツバキ種子油、ユチャ種子油、アストロカリウムムルムル種子脂、ヨーロッパキイチゴ種子油、グリチルレチン酸ステアリル、トコフェロール

ウェットスムースとの違い

ウェットスムースとの違いは、ハイブリッドサフラワー油が配合されていない点と香り付けの精油の違いくらいです。

その他の成分は同じで、ロングヘアなど、より乾燥した髪に合う様にバランスが調整されています。

天然精油(ローズ+ゼラニウム)の甘く優しい香り

アロマキフィ|オーガニックバター(ウェットアレンジ)香り

ウェットアレンジの香りも天然精油の香り。、少し好みは分かれるかもしれませんが、ローズとゼラニウムの優しい香りです♪

香りの作用

ローズとゼラニウムは、いずれも暗い気持ちを明るく高揚させ、緊張やイライラを和らげてくれる香りです♪

ウェットアレンジ使用感(使い方)

アロマキフィ|オーガニックバター(ウェットアレンジ)使い方

ウェットスムースはミディアム〜ロング(外ハネ系スタイルやロングの巻き髪)などにおすすめ。

乾燥した髪に適度に濡れ感を与え、潤いとニュアンスを与えてくれます

中途半端な長さだとどっちのバームがおすすめ?

メーカーのおすすめでは、短めと長めで用途を分けていますが、配合成分はほぼ一緒なので大差ありません

スッキリした香りが好き → ウェットスムース(ラベンダー&ベルガモット)

甘めな香りが好き → ウェットアレンジ(ローズ&ゼラニウム)

で良いと思います。

アロマキフィのヘアバームがおすすめな方

  • 化学的な成分が苦手
  • 敏感肌
  • コスパ重視
  • 近所で見て買いたい

植物由来(内10%以上はオーガニック)なので化学的な成分が苦手な方などにはおすすめです。

ヘアバームというジャンルの中では圧倒的なコスパを誇るので、価格重視の方にも◎

全国のハンズやロフト、ドラッグストアなどで実際に香りなどを実際に確かめてから購入出来ます。

アロマキフィのヘアバームがおすすめじゃない方

  • 皮脂過多
  • 猫っ毛
  • 植物アレルギー

朝にサラッとしていても、夕方位に髪がしっとりしてきてしまう方や、猫っ毛の方にはあまりおすすめ出来ません。

ヘアバームなど重ためな質感のスタイリング剤だと、ペタンとしてボリュームが出ません。

サラっとするスタイリング剤に留めるか、使う場合もなるべく毛先に少量にするなどの工夫が必要です。

稀にいらっしゃるのですが、特定の植物にアレルギー(※)があると痒くなったりしてしまう方がいらっしゃいます。(お客様での経験談)
心当たりの方は避けた方が良いと思います。

(※)花粉症の方は少し気になると思いますが、花粉症の私は特に問題ありません。おそらく特定の植物の葉などが皮膚に触れるとかぶれる方などかと思います。

アロマキフィを購入できる販売店

アロマキフィは全国のハンズやロフト、ドラッグストアで購入出来ます。

近くに取り扱いがない場合や買いに行くのが面倒な方はネット通販でも取り扱っています。

Amazonが送料無料なので一番お得です!

美容師による【アロマキフィ|オーガニックバター】のレビュー

アロマキフィ|オーガニックバター
香り
ツヤ
まとまり
ウェット感
束感
セット力
ダメージ補修
コスパ

総合評価

 3.6

とにかくコスパが良い!

【香り】
ラベンダー&ベルガモットとローズ&ゼラニウム、いずれも天然精油でとても気持ちの良い香り。

【ツヤ】
豊富な植物オイルにより艶は向上します。

【まとまり】
シアバターに加え、さらに保湿力の高いムルムルバターが配合されています。
乾燥を防いで、まとまりをキープしてくれます。

【ウェット感】
バームとしてのしっとり感は十分にあって濡れ髪も作り易い。

【束感】
ミツロウなどの固い油脂により、適度な束感は出せます。

【セット力】
ナチュラルバームなので、強い動きやセット力は然程ありません。

【ダメージ補修】
補修作用が高い成分が配合されていないので、乾燥は抑えれますが補修力は限定的。

【コストパフォーマンス】
植物由来系バームの中では圧倒的なコストパフォーマンス
文句の付けようがありません。

評価まとめ

おさらい

  • 95%以上は自然由来原料(内10%以上はオーガニック由来)
  • 髪に程よいまとまりやキープ力、ウェット感を与える
  • 全身に使用出来る
  • 天然精油の優しい香り

一番は何と言ってもコストパフォーマンスです。

安めなヘアバームは植物由来成分を抑えめにしてある物もありますが、アロマキフィはその様なコストカットも見られません

ナチュラル系ヘアバームを普段よく使う方は、間違いなく購入候補に挙げた方がいいです!

以上の記事がお役に立てたら幸いです。

最後まで読んで頂きありがとうございました!

関連
ドラッグストア|ヘアバーム
ドラッグストアでも購入出来るおすすめヘアバーム5選!

長年ウェット系のヘアのスタイリングに人気のヘアバーム。美容室専売系や市販系も含めて沢山の種類があります。 今回はそんなヘアバームの中から、直ぐにドラッグストアでも購入出来るおすすめのヘアバームを紹介し ...

続きを見る

-ヘアバーム
-